小中学校へスマホを持って行くことの是非について

ネットニュース記事で、小中学生が学校にスマホを持って行くことの是非について書いてありました。

賛成と反対の意見がたくさん書いてあったのですが、私自身は賛成ですね。反対派の人たちは「持っていない子たちにとっては差別になる」や「学校と家は近いから必要ないはず」などで、賛成派の人たちは「災害などの緊急時のときに便利」などですね。

割と想像通りの内容でした。私が小さい頃はスマホを持っている小学生などいませんでしたし、ガラケーさえ持っていませんでした。

けれど、記事の反対派の人たちが言う通りとは思わず、緊急連絡の必要があったとしても学校と家は、ほとんどの場合近所なのでスマホの必要はないとは言い難いと思います。

今の時代は、共働きも多く緊急の事件のときに学校の電話から家に連絡すれば良いということはできないのではないかと思います。

学校とは勉強をしに行くところですし、スマホだとカンニングの原因になったりしますが、今の時代はこういったものを使っていうことが大事なのではないかと思います。

昔の人はなくて当たり前だったので今の子どもたちもなくても何も問題がないというのは違うのではないかと思います。

中には学校に着いたときに回収して帰るときにまた生徒に返すという制度をとっている学校もあるみたいですが、その必要もないと思いますね。

もしろ授業に取り入れながらうまく活用をしていった欲しいとおもいます。

こういった問題はまだまだ議論の余地はあると思いますが、うまく距離感を持ちながら活用でればとおもいます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください