プログラミングはなぜ大事なの?SEの旦那に意見を聞きました。

2020年にプログラミングが必修になるという話、たまに先輩のママ友に聞くことがあります。教育に熱心な人の場合だともうプログラム教室に通わせているというママ友もいます。

そんなこともあり小学校のプログラミング教育の必修化について、正直、私には全くイメージが湧きませんが、旦那がSEをしているため、しばしば話題に上がることも。

その内容を、私なりに解釈してみたいと思います。

まず、プログラミングの必修化について整理します。

〇目的
プログラミング的思考を身に付ける
※プログラミング言語を学ぶということではない

〇具体的なカリキュラム
各学校側で判断し、授業にプログラミングを組み込む

正直、これが教育上どうよいのか、何をするのか、さっぱりわかりませんでした。
しかし、旦那には教育的にはよいと考えているようでした。
具体的にどういうことかというと・・・

〇教育上のメリット
・簡易的なプログラミングとは、モジュールの組み合わせ。
・それらを組み合わせることでソフトウェアが動くということを身に付けられる。
・これは、プログラミングに限らず応用することが可能。

ここまでさっぱりです。
モジュールとは、既にプログラムが中に書かれている部品だそうです。
それらの部品を組み合わせることで、ソフトウェアが作られているということ。
例えるのであれば、モジュールは既にデザインされた市販の洋服だそうです。
自分好みの洋服(モジュール)を組み合わせることで、ファッションが出来上がると。

これを更に英語に例えると、熟語(モジュール)を組み合わせ、それらを単語(プログラミングの関数やタグなど)でつなぎ合わせることで英文が出来上がり、この仕組はプログラミングに触れることで理解しやすくなるのではないかということのようです。

この説明を聞くと、良い教育のように感じますが、結局のところ具体的な内容は学校任せとなっているため、旦那の言うような効果を理解し、他の教科に応用していくということを、どれだけの小学生が出来るのかが心配です。

それを払拭するためには、自宅にプログラミング環境を準備し、習ったことを活用する環境作りや、私のように、自宅でも旦那が教育することが今後必要になってくるのではと考えます。

つまり、小学校のプログラミング教育の必修化に伴い、今までのように学校側だけに教育を委ねるのではなく、自宅でも教育していくという意識も身に付けることが大事なのではと感じました。

そんなことでちょっと参考になったサイトがこちらです。

やはり子供の将来を考えるとプログラミングは必要なんでしょうね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA