この時期になると合宿免許に行ったことを思い出す。

ちょうど20歳のころ免許を取得するために友人と合宿免許に行くことになりました。

親が学費を出してくれるということでせっかく行くなら楽しい思い出を作りたいねということで徹底的に免許合宿口コミを調べて評判の良い学校を見つけました。

口コミの評判を調べた結果、新潟県にある合宿免許に行きました。2週間の間に、ちゃんと学科も実技も受かるかなって不安ながらも合宿先では毎日夜遅くまで勉強をしていたのをはっきりと覚えています。合宿1日目は色々な説明を聞いたりして、あとは学科がメインでしたが2日目からは実際に乗用車にのって教習所の場内での練習が始まりました。

最初は車に乗った時の基本姿勢やハンドルと肘の角度やハンドルの基本的な持ち方、さらにはシフトレバーや沢山ついているミラーについてなどを丁寧に教わりました。そして、場内をくるくる回るところから始まりました。ひたすらゆっくり走るだけですが途中でカーブもありますし初めては緊張しました。そして先生にも色々なタイプの先生がいて先生との相性もあるかもと感じました。そんな毎日を繰り返している間にテストの勉強もしなければなりません。度々、行われるテストに受からないと仮免までたどりつけないのです。そこはパソコンルームがあり、そこで問題集のようになっているソフトで勉強しました。間違えた所はコピーをとって部屋に持ちかえり復習をしていました。実技に関しては本当に馴れとゆうしかない感じでひたすら挑戦をしていました。仮免が過ぎて実際に路上に出るとやはり恐いこともありましたが先生がいつも隣で色々なアドバイスを下さるので何とか乗れていました。色々な場面でつまづく事はありましたが、見事に仮免まで進んで最後には本免も合格しました。

そこの自動車学校では思いやりのある運転をすることを強く呼び掛けていて今でも私は思いやりの運転を守っています。

そんな感じですが、新潟県で主婦をしていることが何かの縁があるのではないかと思います(笑)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください